放課後等デイサービス「ツクル」は、 ITに特化した療育で子ども達のITスキル、ソーシャルスキルを支援します。

    • ツクル
      0743-75-0296
    • ツクル farm
      0743-73-3631
    • ツクル ミ・ナーラ
      0742-93-8783
    受付 10時〜18時(月〜金)
  1.  > 
  2. 活動・イベント > 
  3. ツクルfarmの活動 > 
  4. 9月⭐️ツクルfarm活動報告

9月⭐️ツクルfarm活動報告

2021年10月1日

朝夕涼しくなり、日が落ちる時間も随分早くなってきました。子ども達は2学期が始まり、少しずつ生活スタイルも戻ってきているのかなと感じます。

9月はロボットイベントとマルチイベントを行いました!!たくさんの子ども達が参加してくれ、とても賑やかなイベントになりました。

そんなイベントや日々の活動の報告をします(^ ^)

9月20日(月・祝)に行なったロボットイベントでは、14名の子ども達が参加してくれました。2〜3名のグループに分かれてレーシングカーを作っていきました。

グループで一つの目的を持ち、出来た気持ちを共有出来る事をねらいとして行いました。

組み立てでは、お友達と一緒に交代しながら作る事が出来ました。

まずは前後に動かしていくプログラミングをしました。レーシングカーが動くと自然と一緒に喜び合う姿が見られました。

その後はグループでレーシングカーに装飾をして、それぞれの好みのレーシングカーを作りました。前に長く装飾するグループや背を高くするグループ等グループによって様々なレーシングカーが出来上がりました。

話し合いをしながら装飾していくグループも、小さい学年のお友達の意見に寄り添ってくれるグループも見られました。

ガタガタ道や坂道のコースを走らせ、グループ同士で競争する姿もあり、先にゴール出来るとグループのお友達と一緒に喜びあっていました。

グループで一緒に「出来た」という気持ちを共有・共感する事が自然に出来たイベントになりました(^^)

 

 

9月23日(木・祝)に行なったマルチイベントでは「建築」をテーマにし、グループで話し合って決め協力して目標を達成する事をねらいに行いました。

始めにマルチイベントでのお約束動画をみんなで見ました。お約束を確認してマルチスタート!!

グループの中でまずは、一つの建築をみんなで作るのか・それぞれに建築していきテーマを一つに決めるのかを話し合いました。

一つの建物をみんなで作るグループは、自分の持ち場を決めて大きな建物を建築する事が出来ました。建物の大きさや壁の装飾なども協力してつくる姿が見られました。

個々に建築をするグループも街を創るというテーマでそれぞれの家を作りました。セキュリティハウス・和風の家・からくり屋敷・自分の家・ツリーハウスなどなど・・・

好きな建物を作りながらも地下から全ての家を行き来できる様つなげたり、建物を作る前にみんなで線路を建築して、建物までトロッコに乗って行く事でみんなが繋がる事を表現しました。

それぞれのグループがそれぞれの形で協力することが出来たイベントになりました(^-^)

 

 

 

9月の創作活動では、竹とんぼを作りました。創作する事で想像力の向上や、自分で作ったもので遊ぶ楽しさを味わう事をねらいに取り組みました。

羽根になる部分にはペンで色を塗ったり、切り抜きを使って装飾して自分の竹とんぼを作りました。

出来上がると遊ぶエリアに行き、竹とんぼの飛ばし方をスタッフやお友達に聞きながら自分なりに飛ばして楽しみました。

後ろの方へ飛んでしまったり、手を擦る事が難しくて投げる姿もありましたが、コツを掴むと上手に真上や前方に飛ばす事が出来ていました。

出来上がった物をすぐに試してみる事で羽の曲がり方を調整出来る為、何度も挑戦したり飛ばし方を聞く事が出来て子ども達のコミュニケーションの場としてもとても良い交流が出来ました!!

 

 

体でプログラミングでは、以前も行なった事のある「ゴールを目指して」のPart2をしました。

バージョンアップをした今回は、グループでどのルートでゴールするのかをお互いの意見を聞きながら話し合う事をねらいにし、一つの答えを導き出す事が出来ていました。

最近は、グループで話し合う機会が増えています。自分の意見だけでなく色々な意見があることに気付き、認めていく事が出来る様になってきていると感じます。

このプログラミング活動でも、どの道を通れば最短ルートでいけるのか・上のルートが良いか下のルートが良いか・何マスでいけるかなとみんなで数える等一つの課題に対し、テーマを持って話し合っていました。

その結果、発表の時に別のグループのルートと全く同じ行き方であった事に気付き、「同じやな!」と驚く様子も見られました。他のグループの発表にもしっかりと興味を持って観察する事が出来ました。

 

 

今後の活動でも、そういった「同調する気持ち」を大切にしていきたいと思います(^o^)!

 

WEBからの申し込みはこちら